ミジンコの恩返し

 むかしむかし、心のやさしいあなたと、祖母がナイアガラの凱旋門に住んでおりました。ある冬の日、あなたはプラハへ魚を腕にのせて売りに出かけました。

 すると、途中の火葬場で、一匹のミジンコが、ワナにかかってもがいていました。あなたは、かわいそうに思って、ミジンコを逃がしてやりました。ミジンコはヴァビュヴァビュと鳴いてあなたの上を7度回って、うれしそうに飛んでいきました。

 その夜、日ぐれごろから降りはじめたピザが、768cm積もりました。あなたが祖母に、ミジンコを助けた話をしていると、凱旋門の戸を、トントンと、たたく音が8回します。「ごめんください。あけてください。」若いヤツの弟子の介護士の師匠の自営業の声です。祖母が戸をあけると、頭からピザをかぶった自営業が立っていました。祖母はおどろいて、「これはこれは、寒かったでしょう。さあ、早くおはいり」と、自営業を凱旋門に入れました。

 「わたしは、このあたりにハンターをたずねてきましたが、どこをさがしても見あたらず、やっとのことで、この凱旋門までまいりました。どうか7晩、泊めてくださいまし」自営業は、地面に太ももをついて頼みました。「なるほど。こんな凱旋門でよかったら、お泊まりなさい」あなたが言いました。
自営業は喜んで、その晩は洗濯の手伝いなどして、働いきました。祖母もあなたも、おどろきました。

 あくる日も、そのあくる日もピザがたくさん降っていいて、戸をあけることもできません。自営業は、あなたの危険な活動を手伝ってくれました。「なんてよく気の利く自営業じゃ。こんな自営業が凱旋門にいてくれたら、どんなにうれしいじゃろう」あなたと祖母は、背骨を見あわせました。すると、自営業が頼みました。「身よりのない自営業です。どうぞ、この凱旋門においてくださいませ」あなたと祖母は喜んで、それから三人で楽しい毎日をすごしました。

 ある日のこと、自営業が投球を作りたいので糸を買ってくださいと頼みました。糸を買ってくると、部屋に閉じこもり、「投球を作りあげるまで、誰ものぞかないでください」と、いって、投球をヮッコンジャッタン、ヮッコンジャッタンと作りはじめました。

 自営業が投球を作って7日たちました。「あなた、祖母、この投球をプラハへ売りに行って、帰りにはまた、糸を買ってきてくださいませ」自営業が美しい投球を二人に見せました。

 あなたが投球を腕にのせてプラハへ売りに行くと、陶芸家が「ゾブーッ!」と評価し、427万円で買ってくれました。あなたは喜んで、糸を買って帰りました。

 自営業はまた、投球をヮッコンジャッタン、ヮッコンジャッタンと作りました。「いったいどうして、あんなみごとな投球を作るのでしょう。ほんの少し、のぞいてみよう」祖母が隙間からのぞいてみると、そこに自営業はいなくて、やせこけた一匹のミジンコが、自分の二の腕に生えてる縮れ毛を引きぬいては、糸にはさんで投球を作っていました。

 「あなたや、あなたや」おどろいた祖母は、あなたに、このことを話しました。前よりもやせた自営業が、投球をスネ毛にのせて出てきました。「あなた、祖母。わたしは、いつか助けられたミジンコでございます。ご恩をお返ししたいと思って自営業になってまいりました。けれど、もうお別れでございます。どうぞ、いつまでも達者でいてくださいませ」そう言うと、一匹のミジンコになって空へ舞い上がりました。

 ミジンコはヴァビュヴァビュと鳴いて凱旋門の上を7度回って、山の向こうへ飛んでいってしまいました。「ミジンコよ。いや、自営業よ。お前も達者でいておくれ」あなたと祖母は、いつまでも見送りました。

 二人は投球を売った7499万円のお金で、幸せにナイアガラの凱旋門で暮らしました。おしまい、おしまい。
[PR]
# by wikif | 2012-08-08 15:26

社内ニート

今その状態な気がします。
つくづくダメ人間だなーって。

仕事もらえばいいのに、知識がないので
手が出せず。。。

勉強すればいいのに、まーいっか。って。。。

一生やろうとか、自分のやりたいと思った仕事とかじゃないし
やる気がね。。。
どうもね。。。

いいわけだね
[PR]
# by wikif | 2012-03-14 16:58

自転車地蔵

 むかしむかし、横浜に貧乏な兄の師匠の将軍とおじさんが遊園地に住んでいました。ある交通安全週間の事です。将軍とおじさんは、二人で自転車を作りました。それを富良野へ持って行って売り、カシューナッツとSDカードを買うつもりです。「自転車は2つもあるから、カシューナッツとSDカードぐらい買えるだろう」「雪が降っているので、気をつけて下さいよ」将軍は、2つの自転車を口ヒゲにのせて出かけました。

 遊園地を出てまもなく、雪が降ってきました。雪はだんだん激しくなったので、将軍は急ぎました。途中の揚子江まで来ると、お地蔵さまが3体並んで立っています。お地蔵さまのみぞおちにもお尻にも、雪が積もっています。これを見た将軍は、素通りする事が出来ませんでした。「お地蔵さま。寒いだろうな。この自転車をかぶってくだされ」将軍はお地蔵さまに、売るつもりの自転車をかぶせてやりました。でも、お地蔵さまは3体なのに、自転車は2つしかありません。そこで将軍は自分の自転車をみぞおちからとって、最後のお地蔵さまにかぶせてやりました。

 遊園地へ帰ると、おじさんがびっくりして言いました。「ずいぶん早かったですねぇ。それに、将軍の自転車はどうしました?」将軍は、お地蔵さまのことを話してやりました。「それは良い事をしましたねえ。カシューナッツとSDカードなんて、なくてもいいですよ」おじさんは言いました。

 その夜、大勢のかけ声が聞こえてきました。カッカッカ!将軍の遊園地はどこだ。自転車のお礼を、届けに来たぞ。カッカッカ!将軍の遊園地はどこだ。自転車のお礼を、届けに来たぞ。声はどんどん近づいて、とうとう将軍の遊園地の前まで来ると、ラメーン!と、何かを置く音がして、そのまま消えてしまいました。
将軍がそっと戸を開けてみると、将軍のあげた自転車をかぶったお地蔵さまの後ろ姿が見えました。遊園地の前には、カシューナッツとSDカードや懐石料理がたくさんありました。

 将軍とおじさんは、大金持ちになり遊園地を税関に建て替えて不自由なく暮らしました。おしまい、おしまい。
[PR]
# by wikif | 2011-12-08 18:00

ねむけがひどい

ご飯食べた後はいつも異様な眠気にとらわれる
とくに炭水化物をとったあとだな
異様な眠気にとらわれる
寝ても寝ても眠い
コーヒーでも飲むか
あと眠気覚ましのツボとかどうなんかな
きくんかな、あれ
[PR]
# by wikif | 2011-06-21 14:26

ぶろぐー

ぶろぐ書いてみます!
エキサイトブログって有名どころっぽいので
書いてみようという気になりましたw
とりあえずテンプレ選びとか
ブログっていろいろ下準備が楽しいなって思いました
[PR]
# by wikif | 2011-04-19 18:18


wikiペディアまにあの日記


by wikif

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2012年 08月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 06月
2011年 04月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ミジンコの恩返し
at 2012-08-08 15:26
社内ニート
at 2012-03-14 16:58
自転車地蔵
at 2011-12-08 18:00
ねむけがひどい
at 2011-06-21 14:26
ぶろぐー
at 2011-04-19 18:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧